ツールカードの世界

toolcard.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 28日

単眼鏡 カルボスコープ

f0049737_19573575.jpg


製品名   : カルボスコープ
分類    : 特殊用途系 単機能タイプ 変形型
サイズ   : タテ54mm ヨコ86mm 厚さ 最薄部3mm 最厚部6.3mm
サイズ評価: 「正」ツールカード
機能    : 単眼鏡、ルーペ

評価
 携帯度 ☆☆☆
 実用度 ☆
 面白度 ☆☆☆☆☆

ひとこと
 なんと、組み立てると単眼鏡になります。
倍率はオペラグラス程度しかありませんが、ご丁寧にも焦点調節機能までついています。

f0049737_2045275.jpg
こうしたスパイグッズ系のテイストはたまりません。
サイズにムリヤリ感のあるこういうものはやはりバブル期に作られた製品なのでした。ほとんどおもちゃ感覚ですが玩具メーカーの製品ではありません。
色は他にブラックがあるようです。
[PR]

# by toolcard | 2006-01-28 20:05 | -特殊用途系ツールカード-
2006年 01月 28日

レタースケール

f0049737_1951836.jpg


製品名   : レタースケール
分類    : 文具系  単機能タイプ 変形型
サイズ   : タテ54mm ヨコ86mm 厚さ 最薄部0.4mm 最厚部3.6mm
サイズ評価: 「正」ツールカード
機能    : はかり

評価
 携帯度 ☆☆☆
 実用度 ☆☆
 面白度 ☆☆☆☆

ひとこと
 ひと目見ただけでは何に使うものかわかりにくいです。赤い部分と緑の部分が可動式になっています。緑の部分に手紙を挟んで、赤い部分をつまんで持ち上げて重さを測ることができます。黄色い部分は「おもり」です。
単純な作りですがこの発想には感心し、けっこうお気に入りのグッズです。

f0049737_20161424.jpg「はかり」を無理してカードグッズの王道サイズ(タテ54mm・ヨコ86mm)にぴったりと収めるあたり、遊びゴコロなくしては開発できません。
購入時期は忘れましたが、たしか15年以上前のバブル期です。バブル期らしい一品といえるでしょう。
[PR]

# by toolcard | 2006-01-28 17:14 | -文具系ツールカード-
2006年 01月 26日

ツールカードの醍醐味

 ツールカードの面白さとは、なんといっても「カードサイズ」というところにあります。
単に小さいということだけでもかわいらしいところに、財布や手帳のカードホルダーに入る便利さ。「こんなものを普段持っていると役に立つ場面があるかもしれない」という保険にも似た安心感(ただそれは大概は錯覚)。モロボシダンが持つカプセル怪獣のようでもあります。

 ツールカードは総じて普通の道具より小さいですが、ミニチュアとは違います。
ミニチュアにはナイフやノコギリなど、使えるように作ってあるものもありますが、あくまで使うこと「も」できるというだけで実際に使うことを想定して作られてはいないのです。実物をできるだけ小さく作ったらどうなるかというのがミニチュアの面白いところで、観賞が主たる目的です。
これに対し、ツールカードは「携帯して、いざというとき使う」ことが商品コンセプトになっていますので、ミニチュアとは違った工夫があります。しかもカードサイズに収めるという「無理」をしている。その「無理」やりな押し込め方が一味かもしだしているのです。
存在意義からしてカードサイズが絶対条件なので、大概は道具としての使いやすさを犠牲にしています。そのなかでも、普通に使いやすい作りになっているモノに感動したり、使いやすさを無視しすぎたモノにあきれたり、サイズ内に収めるための工夫に感心したりすること、それがツールカードの楽しみ方です。
[PR]

# by toolcard | 2006-01-26 22:06 | 雑記・考察
2006年 01月 23日

家庭用工具 カードツール CT602

f0049737_1704239.jpg


製品名   : カードツール CT602
分類    : 工具系 マルチタイプ 無変形型
サイズ   : タテ54mm ヨコ85mm 厚さ1mm 
サイズ評価: 「真」ツールカード
機能    : 家庭用工具 スパナ2種11サイズ タップスパナ カッター 栓抜き マイナスドライバー2種

評価
 携帯度 ☆☆☆☆☆
 実用度 ☆☆☆
 面白度 ☆☆☆

ひとこと
 これはバブル期以降の製品。私は前からツールカードという言葉を使っていましたがこれは「カードツール」という商品名です。価格は850円。
基本的に一枚の金属片なので携帯性は高いです。実用度は「3」としたものの、これを持ち歩いて使いたいと思う人口がどのくらいいるのかはわかりません。
なお、シリーズになっていてオフィス用ツールのCT603というのも購入してあります。付属していた説明書を読むとCT604というのもあるようです。CT601が存在するかどうかはわかりません。

関連製品 カードツール CT603
[PR]

# by toolcard | 2006-01-23 22:12 | -工具系ツールカード-
2006年 01月 23日

ツールカードの定義とサイズの評価

 世にカード型のグッズは意外といろいろあります。そのなかで何をもってツールカードと定めるか難しいものがあります。
そもそもツールカードはクレジットカードサイズ、キャッシュカードサイズを意識して作られたものであるので、JIS規格を参考にして独断で決めました。
JIS規格では、磁気カードなどの識別カードの規格(X6301)として、タテ×ヨコ 54.0mm ×85.6mm 厚さ 0.76mmというのがあります。厚さについては0.25mmという規格もあります。実際のキャッシュカードなどはこの規格のサイズになっているわけです。そのほか、PCカードのような厚さ5mmという規格もあります。
 ツールカードの場合、このサイズにぴったり合う製品はそんなに多くはありません。
そこで、財布や手帳などのカードホルダーに入るか否かという点を重視して以下のように定めました。

タテヨコサイズについてはJIS規格のタテ54.0mm ×ヨコ85.6mm を中心値に、タテについては54.0mmプラス5mm以下・マイナス10mm以下とし、ヨコについては85.6mmプラス8mm以下、マイナス15mm以下を基本とします。
これをもとに、厚さで以下のような区分けをしました。
「真」ツールカード  1.5mm以下
「正」ツールカード   7mm以下
「準」ツールカード  10mm以下
「亜」ツールカード  15mm以下
参考品         16mm以上またはタテヨコサイズオーバー

上記のうち、「真」と「正」ならば、まず市販のカードホルダーに入れることができると思ってよいでしょう。
このサイズ内に収めるために結構無理をして開発しているところにツールカードの醍醐味があったりします。「真」「正」ツールカードをGETすると満足感が大きいです。

「準」以上については、携帯には便利といえるサイズですが、カードを持つというよりカードケースを持つイメージになります。

このblogでは、一つ一つのツールカードについて上記の区分けも示していきます。
[PR]

# by toolcard | 2006-01-23 22:07 | 雑記・考察
2006年 01月 23日

ツールカードの分類

 このblogでは、ツールカードを用途に応じて、工具系、文具系、日用品系、デジタル系、特殊用途系に分類しました。それぞれをひとつのカテゴリにしてあります。
 ただ、他の切り口からの分類もできます。

まずは機能数の面から、次のように分類してみました。
<単機能タイプ>
 一つの機能だけしかないもの。例えば、レタースケール、単眼鏡など
<マルチタイプ>
 複数の機能を有するもの。サバイバルグッズ系に多い。

そのほか、使用時の形状からは、
<無変形型>
<変形型>
<分離型>
に分類でき、<分離・変形型>など複合したモノもあります。この分類については別エントリにて紹介。

このblogではひとつひとつのツールカードについて上記の分類をしていきます。
[PR]

# by toolcard | 2006-01-23 22:04 | このblogの見方など
2006年 01月 22日

blog主催者について

 excite blogを利用するにあたり、わかりやすいURLにしようとしたらハンドルネーム(HN)もそうしなくてはならなくなり、結局toolcardというHNにいたしました。

 自分という人間についてちょっとだけ紹介しておきますと、まずは「おじさん」であることが上げられます。次に「ヘンなもの」や「キワモノ」がそこそこ好きであること、そして「モノを作ること」もちょい好きであることをあげておきます。「アバウトな性格」であることもあらかじめ知っておいていただけるとこのblogをストレスなくごらんいただけるかと思います。

なお、blogの右肩に出てくる人間は弊blogのマスコット(?)キャラクターで、名前はKadota Tsuruzo(門田鶴蔵) と言います。顔の輪郭とメガネのレンズが、カードのJIS規格54×86に準じたタテヨコ比になっているのが特徴です。ペイントツールでやっつけで作ったというのは余談です。
設定は、年齢40歳、妻子持ちのサラリーマン。カネの支払いに限らずなんでもカードで済ませようという性格の持ち主、ということまでは決めてあります。blog主がモデルではありません。

 また、あらかじめ表明しておきますと、私はまったく異なるテーマで別のサイトも展開しております。そこではやはりHNは別であるわけです。テーマに接点はほとんどありませんので気にすることはないと思いますが、いきがかりでたまたま私であることがわかったとしてもそっとしてやってくださいませ(といっても別に私は有名人でも何でもありませんのでどうでもいいことでしょうが)。
blogを分けたのは、あくまでそれぞれのテーマに興味のある読者がターゲットを定めやすいようにと考えてのことです。
[PR]

# by toolcard | 2006-01-22 23:39 | このblogの見方など
2006年 01月 22日

ツールカードの評価について


ツールカードをただ紹介してもつまらないので、評価基準を作りました。
3つの評価基準で各5段階評価になります。

<携帯度>
 キャッシュカードなどを入れる市販のカードホルダーに収まるサイズとなっているものを基準値(3)として、厚さ1mm以下の真の意味でクレジットカードサイズの製品は最高評価(5)とする。
ただし、小さすぎるもの、薄すぎるものは、携帯しやすくとも取り出しにくかったり、無くしやすかったりするので低い評価にすることもあり。

<実用度>
 作りの良さや、実際に使用した時の使いやすさ、使える場面の多さを勘案して評価。カード型ではない同機能のツールと遜色のない能力があるものは最高評価(5)とする。

<面白度>
 感心した工夫、ばかばかしさ、意外性などを総合してblog主の好みで判断。

総じて、携帯性と実用度は両立しにくく、実用度と面白度も両立しにくいと想定されます。
[PR]

# by toolcard | 2006-01-22 22:41 | このblogの見方など
2006年 01月 22日

カテゴリについて

このblogのカテゴリについての説明です。

<はじめに>
 はじめに読んでもらいたいこと
<このblogの見方など>
 ツールカードの分類・評価の表示など、このblogの説明。
<工具系ツールカード>
 切る、削る、測るなど工作に使う用途を持つカード群
<文具系ツールカード>
 物を書くなど事務の場面で活躍するカード群
<日用品系ツールカード>
 日常の生活で使うこまごまとした道具としての機能をもつカード群
<デジタル系ツールカード>
 電気を動力としたカード群
<特殊用途系ツールカード>
 特殊な場面で使用機会のあるカード群
<カスタムメイド>
 もしかしたら使えるのではないかとblog主が作ってみたモノ
<番外ツールカード>
 ツールとは言いがたいカードや規格外のカード
<雑記・考察>
 ツールカードに関する雑記や考察などのあれこれ
<カードじゃないけど>
 カードではないが、つい紹介したくなった面白いツール
[PR]

# by toolcard | 2006-01-22 22:32 | このblogの見方など
2006年 01月 22日

はじめに

ツールカードの世界へようこそ
といっても、ツールカードとはなにかわからないと思います。そういう一般名詞はありませんから。
ツールカードとは、わかりやすく言うと、カードの形をした道具、文房具のことです。

私の勝手なネーミングですので、何と呼んでもいいものではありますが、ネーミングの意義付けはしました。
データを保持するのが主たる目的ではなく、道具(ツール)としての機能を持つカードのことです。
普通カードというと、たいていは、キャッシュカード、クレジットカード、メンバーズカードなどでしょう。こうしたカードのほとんどはデータを磁気的に記録したカードです。ほかにデータを記録したカードとしては名刺(ネームカード)、トレーディングカードなどもあります。これらをひっくるめて「データカード」と分類したとき、非データカードとも言うべき存在が「ツールカード」になります。

道具をわざわざカード型にしたのは携帯性を考慮したためと思われます。しかし、かなり無理してカード型にしたり、なにもこんなものまでカード型にしなくても、というようなツールがあったり、興味深い商品も少なくありません。特にバブル期には相当数のさまざまなツールカードが生まれています。結果的に冗談グッズのようなテイストを持ってしまったカードも多いです。ツールカードの楽しみ方はこちらもご参照下さい。

このblogでは、私が気まぐれで購入していつのまにかコレクション化してきたツールカード群を紹介していきます。興味のあるカテゴリをのぞいてみてください。
ここで紹介するカードの多くは今では入手困難なものも多く、希少性やものめずらしさはあると思います。なお、ここにないカード型グッズを多く保持している方もおります。

ここでは道具としての機能の本来的意味から「カード型であることが必須条件ではない」カードを対象にしてあります。したがって、カード型である必然性のあるPCカード類はここでは含んでいません。
 また、私は基本的にガジェット好きな人間なので、カードグッズ以外のヘンなガジェットを紹介することもあります。

 このblogは、はたして「コレクションの紹介」にblogがどのように使えるものなのか、という実験をかねております。blogはそもそも時系列に事象を並べるのに適したツールですが、このblogは時系列の並びにあまり意味を持ちません。追記もしますし、後付でリンクもします。
そんなこともあり、過去の記事でもコメント、トラックバックは歓迎します(スパムは除く)。

話のタネに、暇つぶしに、是非お立ち寄りください。ぼちぼち更新していきます。
[PR]

# by toolcard | 2006-01-22 22:11 | はじめに