ツールカードの世界

toolcard.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 13日

ツールカードの源流を考える(その1)

日本においてツールカード文化が花開いたのはバブル経済期です。当時システム手帳が流行し、その周辺製品としてさまざまなツールカードが開発されました。筆者が購入を始めたのもこの時期でした。
しかし、それ以前からカード型のツールは存在しておりました。ここではツールカードの源流について考えてみたいと思います。

磁気カード普及以前と普及以後
まず、ツールカードの歴史観について。
磁気(識別)カードが一般に普及し、財布や手帳などにカードホルダーが付属されるというインフラが整う時期がツールカードにおける時代の転換期になります。それ以前と以後で明らかにカードの骨格が異なります。
この時期を境に、それ以降のツールカードのほとんどはカードホルダーに収納することを意識して作られるようになったからです。それ以前のツールカードは、大きさへのコダワリがかなりアバウトです。磁気カードのJIS規格もなく、単に「ポケットに入るカード状の道具」くらいでよかったのです。わずかに「名刺サイズ」という規格がセールスコピーになりえたという程度でした。
現代のツールカードをホモサピエンスとすると、磁気カード普及以前のツールカードはクロマニヨン人、ネアンデルタール人に相当するのかも知れません。しかし、確かにツールとしての機能を持つカード型の製品だったのです。
現在でも、磁気カード規格が意識されていないツールカードが世に現れることもあります。
(その2に続く)
[PR]

by toolcard | 2006-02-13 22:51 | 雑記・考察


<< ツールカードの源流を考える(その2)      マルチツール VICTORIN... >>